数ナビの部屋

数式処理のできるグラフ電卓(数ナビ・すうなび)を活用した数学教育・工学教育の実践例などをまとめました。

グラフ電卓を活用して数学ロードを駆け抜けよう!

■はじめに
[御案内] このサイトでは、 数学教育や工学教育において数式処理のできるグラフ電卓 (「数学ナビゲーター」、略して「数ナビ:すうなび」と呼ぶ) を活用すると、どのような教育効果が得られるかを実践例をもとに紹介します。 数式処理のできるグラフ電卓(数式処理電卓)の 教育上の意義や有効性に思いをはせていただければと思います。
■数学教育における「数式処理」の威力
 著者の使用したグラフ電卓TI-89は、その後はTI-89Titaniumとなり、 現在はカラー表示可能なTI-Nspire CX CASに変わっています。 本サイトでは、主に数学教育や工学教育におけるTI-89やTI-89Titanium の実践例を報告しています。 各ページをご覧いただき、数学の学習や教育における「数式処理」の威力を 感じ取っていただければ幸いです。
 グラフ電卓を所持していない場合は、 「数式処理」ソフトを利用することで同等の効果が期待されます。 MathematicaやMapleと同等の機能を持ち、 しかも無料で利用できる本格的な数式処理ソフトがあります。 「Maxima(マキシマ)」です。 パソコン(Windows, MacOS, Linux)のみならず(Android系の) スマホやタブレットにインストールすることもできます。 試しにインストールして、 文字式や微積分の計算・方程式や微分方程式の解法・1変数や2変数関数のグラフ表示 などを行って「数式処理」の威力を垣間みてください。 フリーソフトなので無料で利用することができます。 数学の学習において、教材作成において、そして数学研究において、 大きな支援を受けることができるでしょう。 さらに、Android版の 開発者のサイトでは、 ガロア群・楕円関数・ゼータ関数などの計算も行われています。 Maximaは、このような高度の数学的話題も取り扱かうことができるのです。
 そこで、Android版Maximaの解説書を出版しました。 PC版でもコマンドは同じなので、 PC版Maximaのコマンドレファランスとして利用することもできます。