「TI-Nspire CX CAS」操作マニュアル

in [数ナビの部屋]

数式処理のできるグラフ電卓(TI-Nspire CX CAS)の操作マニュアルを取りまとめました。

グラフ電卓を活用して数学ロードを駆け抜けよう!

(注) モバイル利用(Android)でのメニュー選択は、 SiteMapを利用するか、 または「長押し」から「新しいタブを開く」を選択してください。
■「TI-Nspire CX CAS」操作マニュアル
[御案内] ここでは、Texas Instrument社の最新の数式処理電卓「 TI-Nspire CX CAS」の操作方法を取りまとめました。 著者が高専の授業で使用したグラフ電卓「TI-89」は, すでに販売中止となっています。
 Nspireはカラー表示が可能で処理速度も高速になり、 PCとの連携も容易で、CBL機能を利用すると実データの収集も容易です。 数式処理+表計算+実データ処理を行うことができるNspireは、 数学に特化して、さらに実データも収集できる 小さなコンピューターであると言っても過言ではありません。
 TI-Nsireは高機能であるがゆえの使いにくさがありますが, それを「思考のツール」として使いこなした暁には, 皆さんの前には無限の可能性が開かれてくるでしょう。 このツールを利用する上において,この操作マニュアルが何かの参考になれば幸いです。


★内容の間違いに気づかれたときは、遠慮なくお知らせください。

はじめに・目次
第1章  基本操作
第1節 基本操作:
  電源の入れ方・切り方
  Home画面
第2節 ページ・プロブレム・ドキュメント:
  ファイル構成とページの操作方法
第3節 計算画面での基本操作 : 
  四則計算と関数計算
  各種キーの機能
第4節 グラフ画面での基本操作 : 
  グラフ、トレース、描画範囲
  テーブル機能
第5節 カタログ機能 : 
  カタログ機能の種類と使い方
第6節 計算画面と数式テンプレート : 
  各種の数式テンプレートの使い方
▲戻る(トップメニュー
第2章  代数計算での数学機能
第7節 数の計算: 
  素因数分解、最小公倍数
  分数変換
  商と剰余、複素数
第8節 式の計算: 
  方程式の解法、展開、因数分解
  多項式の除算、左辺・右辺
第3章 微分積分での数学機能
第9節 微分積分の計算: 
  微分、積分、極限値、総和
  接線、法線、長さ、陰関数
第10節 微分方程式の解法: 
  1階・2階・連立微分方程式
  解曲線、勾配場、相平面
第4章 線形代数での数学機能
第11節 ベクトルの計算: 
  ベクトルの定義、内積、外積
  座標変換
第12節 行列の計算: 
  行列の定義、基本変形、消去法
  固有値、LU分解、QR分解
▲戻る(トップメニュー
第5章 いろいろな曲線と曲面
第13節 媒介変数表示と極座標:
  媒介変数を用いた関数のグラフ
  逆関数x=f(y)のグラフ、
  極座標を用いた関数のグラフ
第14節 陰関数のグラフ
第15節 不等式で表される領域
  不等式で現れる領域
  複数の不等式で表される領域
  領域の境界と色
第16節 グラフ画面における諸操作:
  グラフに対する操作
  スライダーの利用
  グラフ画面に対する操作
第17節 z=f(x,y)のグラフ:
  2変数関数の式入力
  グラフの回転と視点の方向
  トレース機能、
  曲面の媒介変数表示
第6章 ジオメトリーの幾何機能
第18節 幾何機能の概要:
  幾何機能の概要
  幾何機能のサブメニュー
第19節 幾何要素の配置:
  点と直線の配置
  (点・直線・接線・
  ベクトル・円弧)
  基本図形の配置
  (円・多角形・楕円・
  放物線・双曲線)
第20節 幾何要素の作図と変換:
  幾何要素の作図
  (中点・平行線・垂線・
  二等分線等)
  幾何要素の変換
  (対称移動・平行移動
   ・回転・拡大・縮小)
第21節 幾何要素の計測:
  長さ、面積、傾き、角度
  計測機能の利用例
第22節 グラフ画面での幾何機能:
  ジオメトリー画面とグラフ画面
  グラフ画面での幾何機能の活用
▲戻る(トップメニュー
第7章 リストデータと表計算
第23節 リストデータ: 
  リストデータの入力
  列データの諸操作、乱数の利用
第24節 表計算:
  表計算、列データのグラフ化
  (ヒストグラム・箱ひげ図・
  散布図)
第8章 いろいろな統計グラフ
第25節 統計プロット: 
  ドットとリストデータ
  1変量リストのグラフ
  2変量リストのグラフ
第9章 確率と確率分布での数学機能
第26節 確率の計算: 
  場合の数の計算、乱数の利用
  リストデータの計算
第27節 いろいろな確率分布: 
  いろいろな確率分布
  確率密度関数と分布関数
  正規分布と中心極限定理、
  二項分布
  カイ二乗分布、t分布、F分布
▲戻る(トップメニュー
第10章 統計回帰での数学機能
第28節 基本統計量: 
  1変量、2変量
第29節 線形回帰: 
  1次回帰(mx+b)、1次回帰(a+bx)
  メディアンーメディアン法
第30節 いろいろな統計回帰: 
  3次・4次回帰、べき乗回帰
  指数回帰、対数回帰、正弦回帰、
  ロジスティック回帰、
  多重線形回帰
第11章 推定・検定での数学機能
第31節 統計的推定: 
  統計的推定の考え方
  いろいろな信頼区間
  (母分散、母平均の差
   母比率、母分散)
第32節 仮説検定: 
  仮説検定の考え方
  Nspireによる仮説検定
  いろいろな仮説検定
  (母平均、母平均の差、母比率
   適合度、独立性、等分散)
▲戻る(トップメニュー
第12章 実データの収集と解析
第33節 センサーとVernier DataQuest:
  センサーの種類、Nspireとの接続
  DataQuest
第34節 Easy-Linkによる収集と解析:
  Nspireとの接続
  温度センサーによるデータ収集
  他のアプリでのデータ利用
  ニュートンの冷却の法則
第35節 CBR2による収集と解析:
  CBR2の概要、測定上の留意事項
  実データの収集、
  特定部分の切り出し
  CBR2単体でのデータ収集
第36節 Lab Cradleによる収集と解析:
  Lab Cradleの概要
  距離と光センサーの利用、
  音センサーの利用
  Lab Cradle単体でのデータ収集
第13章 Student Software
第37節 Student Software:
  パソコンでの表示画面
  ツールバー・ツールボックス
  ・スタイタスバー
  Nspire本体との連携
  ドキュメントの印刷、OSの更新
第38節 PublishView Document:
  PublishView Documentの作成
  PublishView Objectsの追加
第39節 Notes Application:
  Notes Applicationの利用
  Notesで利用できるツール
  Notesでの編集機能
  Notes枠のレイアウト
第14章 プログラミング
第40節 ライブラリー:
  ライブラリーへの登録
  計算画面でのプログラミング
第41節 TI-BASIC:
  関数とプログラム
  プログラムの作成
  いろいろな制御コマンド
  文字列の処理
  サブルーチン、プログラム例
索引

★本書が,数学教育や工学教育でグラフ電卓の活用を考えるとき, 何かの参考になれば幸いです.
★全章をまとめたファイルを用意しました[PDF: 10MB]。
★ グラフ電卓が近くにないときは、数式処理ソフトをスマホやPCにインストールしておけば「いつでも・どこでも」グラフ電卓と同等の機能を利用することができます。 その機能を持つ無料のソフトとして「Maxima(マキシマ)」があります。その解説本を出版したので参考にしてください。 コマンドはAndroid版もPC版も同一なので、 iPhone所持の方はPC版のコマンドレファレンスとして利用することができます。
いつでも・どこでも・スマホで数学!
PC・スマホに無料インストールできるMaximaの解説書です。
試し読み 森北出版 amazon 楽天 honto 7net 紀伊國屋電子版
▲戻る(トップメニュー