TeXの部屋

数学教材をTeXを使って作成するときの参考になる,いろいろな情報をまとめました。

TeXを活用して数学の教育ロードを駆け抜けよう!

(注) モバイル利用(Android)でのメニュー選択は、 SiteMapを利用するか、 または「長押し」から「新しいタブを開く」を選択してください。
■「TeX」による数学教材の作成


[御案内] 数学の教材プリントを作成するには,できればTeXを利用すべきでしょう. ここでは,数ナビ教材の作成に利用したTeXと, それを利用した数学教材の作成方法について紹介します. 横書き・縦書きの通常文書からグラフや図形の入った数学教材, あるいは返り点付きの漢文から楽譜まで, 使用できるフォントも亀甲文字からヒエログリフまで, すべてがTeXを利用して作成可能です.
 以下の文書はTeXの解説をかねて T3Japan で発表したものですが,15年以上も前のものなので内容が古いです. 閲覧数が多いので残しておきますが, 現在はTeXのインストールは非常に簡単にできるようになっており, 必要なファイルのダウンロード・解凍等が自動的に行われるようになっています. emathもバージョンアップされており, 下記のファイルとはコマンドの使い方が違う部分があります. 実際に利用するときは,TeXの総合情報サイト TeXWikiを参照してください.

[お知らせ] 下記を出版しました。 いろいろな式や微積などの計算問題の答えや、 関数のグラフ確認をするとき非常に重宝します。 フリーソフトなので、一度試してみてください。 コマンドはAndroid版もPC版も同一なので、 iPhoneを所持している方はPC版のコマンドレファレンスとして利用することができます。

いつでも・どこでも・スマホで数学!
PC・スマホに無料インストールできる数式処理ソフトMaximaの解説書です。
試し読み 森北出版 amazon 楽天 honto 7net 紀伊國屋電子版

■ 「TeX」って、何ですか?
「TeX」は「テフ」とか「テック」と呼ばれています。 「TeX」と書かなければならず、「TEX」や「tex」と書いてはいけません。 数式を綺麗に印刷出力するために、 コンピュータ科学者として著名な クヌース先生が考案したもので、 もともとは数学や物理研究者の論文記述言語として始まったものです。 しかし、TeXを利用すると印刷所並みの組版・出力が容易に可能になるので、 現在では、註釈付きの漢文から楽譜まで、多方面でTeXが利用されています。 使用できる文字も、亀甲文字からヒエログリフまで何でもOKです。 漢文出力用の漢文エディターまであります。 文字や図形をグルグル回転させることまでできます。 著者がTeXで作成した原稿を、直接、そのまま 印刷・出版するケースも増えています。

■ TeX に関する入手先は?
TeX はフリーソフトであり、 FTPサイトから無料でダウンロードしてインストールできます。 Unix版、Windows版、Mac版、Dos版があります。 ダウンロードが面倒なときは、 TeXに関するCD付の書籍を購入すればよいでしょう。 下記を参照してください。
  • TeXWiki
    TeXに関する総合情報があります。インストールの仕方は、「TeX入手法」や「TeXの本」をご覧ください。
  • TeXインストーラ3
    インターネットに接続した状態で起動して、 「次に」を押し続けていけば、TeXやghostscriptのファイルを ダウンロードして解凍し、さらに環境変数の設定まで すべて自動的に行ってくれます。
  • 簡単LaTeXインストールWindows編(2016年4月版)
    上記のインストーラを利用したLaTeXのインストールの仕方について、 非常に丁寧に解説されています。
▲戻る(トップメニュー)

■ TeXの使い方が分かりません。
TeXは一つのプログラム言語のようなものなので、 それを使いこなせるようになるにはプログラミングに関する感覚が必要です。 BASICなりHTMLを使える方は、 特に問題なくTeXで文書を作成できるようになると思われますが、 それらの経験がなくてTeXを使おうとすると、ちょっと大変かもしれません。

最近は、TeXに関する書籍も多数出版されているので、 それを参照してください。昔からの定番本は下記です。 他にも多数の書籍が出版されています。 ネット情報だけで理解したいのであれば、 TeXに関して解説しているサイトも多数あります。 たとえば、下記のようなサイトを参照してください。
何となく理解できても、実際にコマンドを打ち込むのは面倒です。 TeXの統合環境や、TeXの入力支援エディターなどを利用すれば、 必要最小限の入力でTeXの文書を作成することができます。

統合環境は、WindowsであればTeXWorks、macOSであればTexShopが 定番のものです。これらは、TeXをインストールした段階で附属してきます。 私自身は、エディターにTeXマクロを組み込んで利用しているので、 統合環境は使用し たことがありません。 また、TeX専用エディターとしては、 オープンソース、フリー、シェアウェアのものなど多数のエディターがあります。
▲戻る(トップメニュー)

■ スタイルファイルの入手先は?
  • Comprehensive TeX Archive Network
    通称、「CTAN」と略称されるTeXの総本家(英語)です。 TeXに関してあるレベル以上の知識を持ち合わせている場合は、 このサイトからいろいろなTeXマクロをダウンロードすることができるでしょう。
  • Bear-Collections
    いろいろなスタイルファイルが登録されています。東北大学のサイトです。
  • LaTeXのマクロやスタイルファイルの利用
    「Bear-Collections」にある各スタイルファイルの利用法が 解説されています。
  • LaTeXのスタイルファイル等に関連して
    「Bear-Collections」の作成者のサイトです。
  • 湘南情報数理化学研究所
    藤田眞作先生が所属する研究所です。ご専門は「化学」で、 TeXで化学構造式を作成するためのパッケージが公開されています。 さらには、日本語縦組みのためのパッケージやTeXのマクロの書き方などのファイルも 公開されており、TeXを満喫することができるでしょう。
▲戻る(トップメニュー)

■ amsmathの数式表現にはどんなタイプがあるのですか?
amsmathを利用すると、通常のTeXによる数式表現よりも、 もっと多彩な表現が可能になります。 たとえば、下記を参照してください。
  • amsmathの数式環境まとめ
    いろいろなパターンについて、 下記のamsmathの使用ガイドをもとに説明されています。
  • User's Guide for the amsmath Package
    アメリカ数学会による使用ガイド(40頁)です。 英文ですが、使用例と出力例があるので、 それを眺めれば使い方が分かるでしょう。

■ 関数グラフの描き方は?
  • emath
    このスタイルファイルは、 数学教材を作る上では必需品というべきでしょう。 図形、グラフ、増減表などを簡単に作成することができます。 曲線の交点を通る接線を、交点の座標を求めることなく描くことができます。 式の計算でも、整式の除法や組立除法を自動的に行ってくれるコマンドも あります。 詳細なマニュアルが同包されており、多数の具体例について TeXのソースと出力結果が対比されています。
  • emathWiki
    emathの400頁を越える膨大なマニュアルが、 項目別、内容別に整理されて登録されています。 どのようなことが可能かは、たとえば 左側のメニューの「索引」の箇所で「五十音順」の箇所をみてください。 気になる項目をクリックしてみるとよいでしょう。 「emath講座」では数学の項目別に整理されています。 具体的な教材例は、「中学校数学」や「高校数学」にあります。
  • emath利用によるグラフの作成
    emathを利用した関数グラフや図形の作成手順についてまとめてみました。 上記の「emath」や「emathWiki」を 見てもよく分からないときは、参考にしてください。
  • WinTpic
    画面で確認しながらグラフや図形を作成して、 TeXのファイルとして保存することができます。
  • gnuplot ngraph
    いずれも、グラフを描いて、 それをTeXのファイルに変換することができます。
  • EPS-draw
    「お絵かき」ソフトの感覚で図形を作成して、それを直接 EPSファイルとして保存することができます。
▲戻る(トップメニュー)

■ 画像ファイルの貼りつけ方は?
TeXで画像ファイルを扱うには、 ghostscriptをインストールする必要があります。 JPEGやTIF 形式のファイルをeps形式のファイルに変換する ソフトも必要です。 PCの画面に表示された内容を 画面キャプチャーしてファイル保存する方法についても 知っておいた方がよいでしょう。

変換した EPS ファイルを TeX のソースファイルの中で扱うには、 プリアンブルで \usepackages{graphicx} を指定して、 本文の figure 環境の中で\includegraphcs{test.eps} とするだけです。 このコマンドのオプションを利用すれば、 画像の拡大・縮小は思うがままです。 graphicx のコマンド\rotatebox を利用すれば、 画像を任意の角度で回転させることもできます。

以前は、画像はまずepsに直してghostscriptを利用するという流れだったと 思うのですが、最近は、最終的なファイル形式はPDFであることが多いので、 画像自体をPDFにしておけば、もはやepsに直す必要も、 ghostscriptを使用する必要もないようです。 PDF画像であれば、もはやbounding box云々のエラーからも解法されます。 これからTeXを始める場合は、 画像もPDFにして取り入れるのがよいと思われます。

  • EPSファイルオンライン変換
    各種の画像ファイルを、オンラインでEPSファイルに変換することができ、 その逆の変換も可能です。 PNG、JPG、TIF、GIF、PDF等の多数の規格に対応しています。
  • TI-Connect
    グラフ電卓TI-89titaniumやvoyage200の液晶画面を ファイル保存するには、このソフトが必要です。 無料でインストールすることができます。 TI-Nspireの場合は、Student Softwareをインストール(無料)することで、 液晶画面をPC保存することができます。
  • ファイル変換
    JPEG や TIFF 形式の画像を EPS 形式に変換するソフトが登録されていますが、 TIFFからEPSに変換するソフトはWindows10では動作しませんでした。
  • WinShot
    PC画面のキャプチャーソフトとして利用しています。
  • ExcelグラフをきれいにTeXからPDFへ入れ込む方法
    postscriptのプリンタードライバーを組み込めば、 エクセルの図表から直接epsファイルを生成することができます。
  • TeXWiki: LaTeX入門/図表
    後半の方に、PDFファイルの取り込み方が記載されています。
▲戻る(トップメニュー)

■ DVIからPDFへのファイル変換は?
dvipdfmx.exe を利用すると、 dviファイルをpdfファイルに変換することができます。 使用法は「dvipdfmx filename」です。 いったんdviファイルを生成する手間が面倒なときは、 ソースファイルを「pdfplatex.bat」 でタイプセットします。 DVIファイルが生成されて自動的にPDFファイルに変換されます。 ただし、多数の画像を含むファイルの場合は、 PDF変換にはかなりの時間がかかります。 さらに、下記を参照すれば、 「日本語のしおり」を追加することもできます。

なお、画像を含む文書をpdfにすると、dvi出力ではちゃんと表示されていたのに、 pdfにすると画像の位置が微妙にずれる場合があります。 そのようなときは、下記を参照してください。

私は、pdfファイルにする頻度は高くないので, 長年「dviファイルを出力して」「それをpdfファイルに変換する」 というやり方でやってきました。 TeX入力支援マクロとWinFDへのコマンド登録を併用しているので、 この方式をそれほど面倒には感じていませんでしたが、 このやり方は前時代的なやり方であるようです。 最近、あるサイトをみたら、このような「二刀流」は、 「アクロバティックな方法」で「マゾ的な感じ」がすると書かれていました。 おそらく、著者の使い方が、 TeXを使い始めた数十年以上も前のやり方を踏襲して 今日に至っているためと思われます。 なにしろ、MS-DOS時代の定番ファイラー「FD」のWindows版 「WinFD」を いまだに愛用しています。Window10でも立派に動いています。 これからTeXを始める方は、TeXの統合環境を使用するのがよいでしょう。
▲戻る(トップメニュー)

■ TeX の使用環境を教えてください。
私の場合、TeXは角藤版、Dviware はdvioutを使用し、 ghostscriptもインストールしています。 ただし、現在、dvioutは「非推奨」なようです。

Editorは、MS-DOS の時代は「VZ」を使用していましたが、 その後はEmacs系のエディター「Mule for Win32」に変更し、 TeX支援マクロとして「YaTeX」を、 日本語入力には「SKK」を組み込んで利用していました。 カタカナや欧文まじりの日本語を打つとき、SKKは極めて便利でした。

Mule for Win32は、UNIXのEditorをWindowsに移植したものです。 キー操作がWindowsのEditorとはかなり違います。 ただし、この Mule もサポートが中止となり、 後継エディターは「Meadow」です。多言語をそのまま扱うことができます。 ただし、このエディターも、2014年頃には開発・サポートが終了したようです。

通常文書までTeXを利用するようになると、 他の人とファイルの互換性に問題が生じてきます。 ファイルの引継ぎをしなければならないような場合は困るので、 TeXのファイルは数学の授業プリント等に限定して、 通常文書はできるだけテキストファイルで作成するようにしました。 現在は「秀丸」にTeX支援マクロ「祝鳥」を組み込み、 キーバインドはMuleと類似のものに変更して利用しています。

TeXに特化したEditorとしては「LabEditor」(シェウェア)などがあります。 フリーで提供されていたときに使用したことがあります。 私の場合は、基本的にはエディター「VZ」「Mule」「秀丸」の流れで、 TeX支援用のマクロを組み込んで利用してきました。 エディター使用の場合は、マウスに手を伸ばすことなく、 キーボード上ですべての操作が可能です。

PCはWindowsマシンを使用してきましたが、 Macへのあこがれから、現在はMacbook Airを使用しています。 しかし、MacのTeXに、Winodwsで利用していたいろいろなスタイルファイルを コピーすることができませんでした。頑張ればできるはずなのですが、 調べるのに時間がかかりすぎるので結局はあきらめて、Macbook AirのBootcampに Windowsを入れて、Macbook AirをWindowsマシンとして使用しています。

ファイルやアプリの管理としてはWinFDを使用しています。 「FD」は、MS-DOS時代は定番のファイラーでした。 「FD」作成者の許可を得て作成されたWindows版が「WinFD」です。 Windows10でも立派に動いています。 いろいろなソフトを登録できるので、いちいちマウスに手を伸ばすことなく、 キーボード上でほとんどの操作が可能です。さらには、 下記のことも、新たなアプリを起動することなくWinFDの中で可能です。 私としては非常に重宝しています。

  • テキストファイルや画像ファイルの表示
  • ファイルのコピー、移動、名前の変更
  • ファイルの属性変更やDOSモードへの移行
  • フォルダーの移動やコントロールパネルの表示等

べた書きの文章の体裁を整えるとき、 MS-DOS時代には「PRTwin」を使用していました。 そのWindows版もあるので、段組指定やフォント・行間等は PRTwinを使用して整えました。 現在でもときどき使用しています。 ただし、PRTwinのサポートは終了して、 Vector からも削除されているようです。

いずれ、新たにTeXを始める場合、 あるいは「エディター」なるものを初めて使用するような場合は、 TeXの統合環境を利用するのがよいでしょう。TeXWikiを参照してください。

  • 秀丸祝鳥
  • TeXWiki
    統合環境や多数のTeX用エディター(無料)についても紹介されています。
  • LabEditor
    シェアウェアのTeX統合環境を持つエディターです。
  • WinFD
    シェアウェアですが、1ヶ月はフリーで使用できます。
▲戻る(トップメニュー)

■ 具体的な教材のTeXソースを見たい。
下記に、TeXによる数学プリント公開しているサイトを紹介します。 高校数学の全範囲に渡る数学プリントのTeXソースを 公開しているサイトもあります。
  • 高校数学++【なんちな】++
    このサイトの「授業プリント」に、高校数学の全範囲にわたる TeXのソースファイルがあります。
    図は、多分、「WinTpic」を使用して作成されています。
  • MathTeX工房
    何と、数学の問題で、問題数やそのレベルを指定すると、 TeXのファイルとして勝手に作ってくれる夢のようなソフトが公開されています。 中学・高校の問題であれば、これだけで十分実用に耐えます。
  • 「FTEXT数学I教科書」LaTeXソースファイル公開
    教科書を公開する活動をしているNPO法人「FTEXT」があります。 その活動の一環として、独自に作成した教科書「数学I」の 第1章と第2章のLaTeXソースファイルが公開されています。 ただし、独自のクラスファイルが使用され、 emathもPerlを組み込んで利用されているので、 実際にコンパイルするにはあるレベル以上の知識が必要です。 TeXのソースファイルをPDFと見比べながら眺めれば、 TeXの書き方を把握する上では参考になるでしょう。
  • TeXの教材例
    以前に登録していた著者の教材を再登録します。 以前は、emathの古いバージョンで作成したものを公開していましたが、 できるだけ最新のコマンドを使用するように変更しました。 模範例ではなく、一つの作成例として閲覧してください。 emathを積極活用すると、もっと簡潔に記述できるはずです。 また、(私自身は利用していませんが) Perlを利用すると、 関数をもっと簡潔に定義することができます。
    私の場合は用紙はB4版・横置き・2段組で作成し、 それをA4版に縮小印刷した原稿を、 学生用にはB4版(試験のときはA3版)に拡大印刷して配布しています。
    TeXを覚えた頃の古い使い方を踏襲して作成しているので、 決して模範的作成例ではありません。 「今では古い悪い書き方」とされている \def、\rmなどが多用されているので、 それぞれ\newcommand、\textrmなど、適切な書き方に修正してください。
    • 2次方程式の解と係数の関係 (TeX, PDF)
    • 加法定理の応用 (TeX, PDF)
    • 三角関数の合成 (TeX, PDF)
    • 極座標で表された曲線 (TeX, PDF)
▲戻る(トップメニュー)

■ TeXからHTMLにファイル変換できますか?
数式を含むTeXのファイルを、HTMLファイルに変換して ホームページ上で表示させることもできます。 TeXのソースファイルをHTMLのファイルに自動的に変換することができます。 ただし、それをインストールには、まず Perl をインストールしたり、 netpbm などの画像コンバータを用意する必要があるなど、 かなり複雑です。どなたか、挑戦してみてください。

■ TeXでのフォントの作成方法は?
メタフォントを利用すれば、 自分で自由にフォントを作成することができます。 これも、TeXを作ったクヌース先生が作ったものです。 TeXで標準的に表示されるフォントは、 クヌース先生が出版業界のフォントの成り立ちまで研究して、 すべて自分で作り上げたものなのです。 ただし、それを使いこなすには、かなり上級レベルであることが必要でしょう。 TeXをインストールしたディレクトリで、 /share/texmf/metafont/ にある、拡張子が.mf のファイルをみてください。 そのファイルを自分で書き上げることが必要になります。
▲戻る(トップメニュー)

■ True Type Font を使うことはできますか?
私は通常のTeXのフォントしか使用していませんが、 Windowsの豊富なTrue Type フォントは、TeXでも利用できます! 下記を参照してください。
  • PXchfonパッケージ
    pLaTeX/upLaTeXの文書の標準のフォント(明朝・ゴシック)をユーザ指定のものに 置き換えるPXchfonパッケージの使用法について詳しく解説されています。 サンプルファイルでは、 明朝体としてHG行書体が、ゴシック体としてHG創英角ボップ体が指定されています。 フォントに関連する .tfm、.fd、.map等のファイルに一切触れることなく、 この2種類のフォントのファイル名を指定するだけでフォントが変えられます。 ただし、dvioutには対応していません。 dvipdfmxでPDFに変換して利用する必要があります。
  • TeXとフォント
    TeXWikiにあるフォントに関する解説です。 「CTANにないフォントを利用する(欧文フォント)」では、 truetypeフォントからTFMファイルを生成してTeXで利用できるようにするまでの過程が、 解説されています。
  • いろいろな和文Truetype/Opentypeフォントを使う
    Dvioutで、いろいろな和文フォントを使用する場合のやり方が解説されています。
  • OTFパッケージの使い方
    OpenTypeフォントに含まれている文字をLaTeXで使えるようにしたパッケージです。 OpenTypeフォントは、機種依存性がなく大幅に拡張された文字数や機能を持ち、 国際的な文字コードUnicodeに基づいたフォント形式なので、 中国の漢字や韓国のハングルなども統一して扱えうことができるようです。

■ 毛筆書体などは使えますか?
Microsoft Officeのフォント「HG行書体」は使用できます。 手書き文字風のフォントとして有名な 「 みかちゃんフォント」も利用できます。 ただし、フォントを入手できても、それを実際に使用するには、 TrueTypeフォントやOpenTypeフォントをTeXで使用できるようにするための方法を 知っている必要があります。上記の「PXchfonパッケージ」 を参照してください。
▲戻る(トップメニュー)

■Power PointへのTeX数式の貼りつけ方。
以前は、Power Point へのアドインソフトである 「TexPoint」を使えばできましたが、 このソフトはシェアウェアとなり有料となりました。
TeXPointを使わなくても、 もっと簡単にパワーポイントに数式を貼り付けるツールがあります。 下記を参照してください。
  • TeXClip
    新たなソフトをインストールすることなく利用できます。
  • TeXCrop
    TeXClipで日本語が使えるように改良されたものです。
▲戻る(トップメニュー)

■TeXでのPower Point風プレゼン。
TeXでPower Point風のプレゼンテーションをするには、 TeXのクラスファイルである prosper や Beamer を利用するとよいでしょう。 通常は,Beamerの利用が主流のようです。 モンゴルでのグラフ電卓研修会のファイルも、 下記を参考にしながらBeamerで作成しました。

■多言語を扱うにはどうするのか?
TeXでは、日本語や欧文以外にも多くの国の言語や文字フォントを 扱うことができます。 ただし、私は、それを実際にやったことはないので、 具体的な方法は下記を参照してください。
▲戻る(トップメニュー)

■ルート記号がうまく印刷できません!
これは、BaKoMa True Type フォントに問題があるようです。 この現象を解決するためのプログラムを 乙部先生が提供しています。 「BaKoMa TrueTuype フォントインストールキット」を実行してください。

■ TeX文書をWORD文書に変換したい
TeXを使い慣れてくると、通常文書も全てTeXになってしまいますが、 世の中ではワードとか一太郎が主流なので、その形式のファイルを 要求されて四苦八苦することがあります。 かなり上級者向けの方法ですが、 下記を参照してください。

■ HTML内でTeX数式を書きたい。
TeXの文書をHTMLに変換するのは簡単ではありませんが、 HTML内にTeXで書いた数式を埋め込むことは簡単にできます。 JavaSciptのライブラリーである「MathJax」を組み込むだけで、 HTMLの中でTeXのコマンドが使えるようになります。 本サイトの「Maximaを活用した数学学習」 ページでは、MathJaxを組み込んで数式を表現しています。 以下は、MathJaxの使用法について解説しているサイトです。
▲戻る(トップメニュー)

■ 複雑な数式の入力を簡単にしたい
数式が複雑になってくると入力も面倒になりますが、 数式処理ソフトを利用すると、 計算結果として表示される数式をTeXのコマンドで出力させることができます。 たとえば、フリーの数式処理ソフトであるMaxima を利用すると、計算結果として出力される数式を TeXのコマンドに変換することができます。 該当箇所を選択コピーしてTeXの文書に貼り付ければ、 そのままコンパイルすることができます。

下図は、Maximaの出力画面を切り出したものです。 画面は、「TeXmacs+Maxima」の画面です。 スマホでも見やすい図とする関係で、 画面の右半分は省略して左半分だけを切り出しました。 (%i10)では,3次方程式 x^3-3*x+1=0 の解が, 3次方程式の解の公式により求められています。 (%o10)では3つの解が得られるので、 (%i11)では入力が面倒そうな2番目の解を取り出しています。 単独の「%」は直前の出力式である(%o10)を表します。 3つの解が表示されていますが、「%[2]」により2番目の解を取り出しています。 (%i12)では、その式をTeXのコマンドに変換しています。 単独の「%」は直前の出力式である(%o11)を表します。 この箇所を選択コピーしてTeXの文書に貼り付ければ、 多少の修正でそのままコンパイルすることができます。 詳細は、こちら(PDFZIP) を参照してください.


■tcolorboxの使い方
TeXで文章等を枠で囲むとき、ascmac.styを利用すると itembox、screen、boxnote、shadeboxが利用できます。 また、fancybox.styを利用すると、 shadowbox、fbox、doublebox、ovalboxなどが利用できます。 ただし、いずれも、文章を枠で囲うとき、 その枠の形がある程度限定されてしまいます。
このとき、tcolorbox.sty を利用すると、市販の参考書にあるような多彩な枠組みを 自分で作成することができます。まずは、 学習塾「鉄緑会」講師による下記の2つの解説と 3番目のtcolorboxパッケージの英文マニュアル(501頁)を見て下さい。 どんなことが可能になるかが分かるでしょう。 実際に利用するには、dvioutはなじまないようです。 dviをpdfに変換するか、直接pdfで表示されるようにして利用するとよいでしょう。 このパッケージを使いこなすことができるようになれば、 あたかも市販のカラー刷り参考書をコピーしたかのようなプリントを、 自分で作成することが可能になると思われます。

■TeXのマクロの書き方
TeXにある程度慣れてくると、TeXのマクロを自分で作ってみたくなるかもしれません。 TeXは一種のプログラミング言語なので、 それを作るにはプログラミングに関する感覚が必要ですが、 マクロを利用すると、 よく使う数式を簡単なコマンドに定義して利用することができます。 さらには自分流のスタイルファイルを作ることもできます。
マクロとは何か、どのように書くべきか等については、下記を参照してください。
  • LaTeX入門/LaTeXマクロの作成
    TeXWikiにあるマクロの解説です。 この解説をみてもよく分からない場合は、 マクロの作成はあきらめた方が良いでしょう。
  • 完全攻略!LaTeXのマクロ定義
    LaTeXの引数つきの簡単なマクロの書き方について、 具体例を示しながら解説されています。
  • LaTeXマクロの作り方/使い方
    LaTeXの簡単なマクロとして、 条件分岐、繰り返し、カウンターなどについて解説されています。
  • TeXマクロプログラミング
    TeXの簡単なマクロの書き方について、 38頁のスライドで簡潔に説明されています。 マクロを実際に作ったことはなくても、 それどのようなものかを理解している場合は、 このスライドを見ただけで作れるようになるかもしれません。
  • TeXのスタイルファイル作成入門
    簡単なスタイルファイルの作成の仕方について解説されています。
  • LaTeX2eマクロの八衢(やちまた)
    藤田眞作先生によりマクロの作成に関する解説書(129頁)です。 これを読みこなすことができれば、 自分でスタイルファイルを作成することができるようになると思われます。
  • TeXで簡単プログラミング
    TeXのマクロの基礎について解説されています。 「簡単プログラミング」と銘打ってはいますが、 ある程度TeXを使いこなしている人向けの解説であり初心者向けではありません。 少なくとも、\makeatletterや\makeatotherの意味を理解して必要があります。
▲戻る(トップメニュー)

■TeXに関する便利リンク集
  • MathTeX工房
    何と、数学の問題で、問題数やそのレベルを指定すると、 TeXのファイルとして勝手に作ってくれる夢のようなソフトが公開されています。 中学・高校の問題であれば、これだけで十分実用に耐えます。
  • 高校数学++【なんちな】++
    「予習シート」には、多数の数学プリントのTeXソースが公開されています。
  • TeX
    TeXのコマンドの使い方や書式について具体例が豊富です。
  • LaTeXコマンドシート一覧
    TeXのコマンドを忘れて、マニュアルで探すのが面倒なとき便利です。
  • LaTeXコマンド集
    TeXのコマンドについて、項目ごとに簡潔に説明されています。
  • LaTeX文書
    LaTeXのインストールから使い方まで丁寧に説明されています。
  • べた書き入力による文書清書システムPlain2
    べた書き文書を、簡単にTeXに直してくれます。
  • zr_text8r
    TeXを使いこなしている場合に有益な幾つかの諸情報があります。
  • 数学論文の書き方
    京都大学の数学教室で修士課程の学生向けに行われた、 TeXによる論文の書き方講習会のプレゼン資料です。 おそらく、プレゼン用クラスファイルBeamerを使用し、 テーマは「PaloAlto」で作成されていると思われます。
  • 数学の常識・非常識
    東北大学の小田忠雄先生が書かれた、TeXで数学論文を書くときの細かい留意事項です。
  • 鉄緑会リンク集
    学習塾「鉄緑会」の講師の先生方による、 「TeX」に関するいろいろな専門情報があります。 特に、「TeXの歴史と近年の動向」「tcolorboxによる装飾表現」は 目を通しておいた方がよいでしょう。
  • 僕がTeXを使うのをやめた3つの理由
    あるブログの記事で、 「Wordの進化によりもはやTeXを使う必要はない」という刺激的な内容が 書かれています。2010年の記事ですが、 その後のコメントが現在でも(2019.01)続いています。 「TeXか?、それともWordか?」を考えるときは参考になるかもしれません。
▲戻る(トップメニュー)

copyright