グラフ電卓「TI-89」操作マニュアル

in [数ナビの部屋]

数式処理のできるグラフ電卓(TI-89Titanium)の操作マニュアルをとりまとめました。

グラフ電卓を活用して数学ロードを駆け抜けよう!

(注) モバイル利用(Android)でのメニュー選択は、 SiteMapを利用するか、 または「長押し」から「新しいタブを開く」を選択してください。
■「TI-89Titanium」操作マニュアル

[御案内] 著者が高専の授業で使用した電卓「TI-89」は, 一般には「グラフ電卓」と呼ばれており, 通常の四則計算の他に関数のグラフを描画させることができます。 さらに, グラフだけではなく, いろいろな式の計算や方程式の解法, エクセルのような表計算, さらにはプログラミングの機能もあります。 式の計算ができることから「数式処理電卓」と呼ばれることもあります。 この電卓と同等の機能をパソコン上で実現するには, 高額なソフトウェア(5万円以上)を購入する必要があります。
 つまり, この電卓は, 「電卓」というより, もはや「小さなコンピューター」と言っても過言ではありません。 この電卓を思考のツールとして利用した場合は, 皆さんの前には無限の可能性が開かれてくるでしょう。その意味で, これを「数学ナビゲーター」、略して「数ナビ」(すうなび)と呼ぶことにします。 「数ナビ」の持つ豊富な機能を使いこなし, これからの数学の学習に役立ててください。
 下記は、一関高専の物質化学工学科が学生に購入させていた TI-89Titaniumに関する操作方法を、 科研費(課題番号:22500830)の支援を受けて取りまとめたものです。 旧型のTI-89では、最初の初期画面が異なるだけで、 基本的に同じ操作になります。 主な使い方を簡潔に取りまとめた資料(A4版18頁)もあるので参考にしてください。
 voyage200では「HOME」キーがありません。 また、ダイヤモンドキーとファンクションキーとの組合せではなく、 ダイヤモンドキーとQWERTYとの組合せになるので注意してください。 それ以外は、ほとんど同様の操作になります。 個人的には、TI-Nspire CX CASはvoyage200の操作性で実現して欲しかったと思います。
 なお、TI-89Titaniumは現在も販売されていますが、 TI-89とvoyage200は現在は販売終了となっています。

目次
第1章 基本操作
電源の入れ方・切り方
基本的な操作方法
第2章 方程式と式の変形
方程式の解法
式の展開・因数分解など
第3章 関数のグラフ
関数の定義、グラフ表示
グラフ画面での諸機能
第4章 微分積分での利用
微分、積分
極限、テイラー展開、微分方程式
第5章 媒介変数表示と極座標
媒介変数や極座標によるグラフ
第6章 線形代数での利用
ベクトル、行列と行列式
固有値・固有ベクトル
▲戻る(トップメニュー
第7章 微分方程式での利用
勾配場、ベクトル場
解曲線、数値解
第8章 応用数学・応用物理での利用
フーリエ解析、ラプラス変換
応用物理
第9章 実験データの整理
データ入力、グラフ表示
平均・分散、回帰直線
第10章 データの統計解析
いろいろな統計量
確率分布、推定、検定
第11章 グラフアートの作成
y=f(x)によるグラフアート
媒介変数利用によるグラフアート
第12章 プログラム機能
プログラム機能の解説
プログラム例
第13章 英語学習での利用
StudyCardsの利用による英語学習
第14章 パソコンとのデータ交換
TI-Connectの利用によるデータ交換
第15章 データ収集器CBL2の利用
実データを収集するための諸設定
第16章 他機器とのデータ交換
TI-89へのデータ転送
エクセルデータの扱い

★ 本書が,数学教育や工学教育でグラフ電卓の活用を考えるとき, 何かの参考になれば幸いです.
★ 全章をまとめたファイルを用意しました[PDF: 2MB]。
★ グラフ電卓が近くにないときは、数式処理ソフトをスマホやPCにインストールしておけば「いつでも・どこでも」グラフ電卓と同等の機能を利用することができます。 その機能を持つ無料のソフトとして「Maxima(マキシマ)」があります。その解説本を出版したので参考にしてください。 コマンドはAndroid版もPC版も同一なので、 iPhone所持の方はPC版のコマンドレファレンスとして利用することができます。
いつでも・どこでも・スマホで数学!
PC・スマホに無料インストールできるMaximaの解説書です。
試し読み 森北出版 amazon 楽天 honto 7net 紀伊國屋電子版
▲戻る(トップメニュー
copyright